無料ブログはココログ

« 毛皮のエロス | トップページ | 梅を纏い、桜を語る »

2007年3月20日 (火)

ひじき対決

私が対決させてるひじき煮二種。レシピは以下の通り。
1種目/長ひじきを水で洗い、しばらく付けておく。柔らかくなったらざるにあげる。人参、戻した干し椎茸、油揚げはそれぞれ千切りに。鍋にごま油を敷いて、材料を炒める。上からドボドボと鰹の出し汁をかけて煮る。味付けは、みりんと醤油で。
2種目/芽ひじきを水で洗って、ざるにあげる。色紙切りにしたこんにゃくを熱した鍋に放り込み乾煎りする。こんにゃくの騒音がおとなしくなったら、ごま油を入れて炒め、ひじきも加える。水を加えてしばらく煮る。味付けは醤油のみで。
こうして簡単な説明を書いてみると、文の長さは同じ位だということにびっくり。2種目の方がずっと簡単なのに。そもそもひじき煮なんてベイシックな料理だから簡単な筈なんだけど、2種目はボーッとしててもできる位。これは、私の幼馴染みがマクロのお教室を開いていて、そこで教わったものです。鍋にこんにゃくを放り込む時をお楽しみに。こんな爆発音、他では聞けない筈。ちなみに、1種目は白いご飯の時の惣菜、2種目は玄米ご飯の時の惣菜。特別マクロビオティックの陰陽バランスを考えなくても、味の相性で自然とこうなると思う。でも説明すると、極陽性の鰹とバランスを取るために、陰性の白米を。玄米は中庸なので、すでに陰陽バランスの取れてるひじきこんにゃくで(ひじきは陽性、こんにゃくは乾煎りしたから極陰性から陰性に)。さらに、1種目はただの健康食、2種目はマクロビオティックの定番。どっちが美味しいかはその時の気分によるかなー。いずれにしてもこんな惣菜いくつか作って常備食にしとくと、ホント便利!(by Anne)
ひじき
左が2種目のひじきこんにゃく。色紙切りとは、色紙のような正方形に切る切り方。ひじきの旨味がきいてるので、出汁いらずです。右はついでに作った、きんぴらレンコン。どちらも大助かりな常備食です。

« 毛皮のエロス | トップページ | 梅を纏い、桜を語る »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひじき対決:

« 毛皮のエロス | トップページ | 梅を纏い、桜を語る »