無料ブログはココログ

« 駆け込み寺 | トップページ | 大きな赤ちゃん »

2010年1月21日 (木)

ぜったい、おかしい!

子育てをし始めてから、「これって、ぜったい、おかしい!」と思うような事柄が次々と出てくる。
先日も、Hibワクチン接種の件で、弱冠頭に血が上りそうになった。
子供に予防接種を受けさせるかどうかは、一部の自然派育児推進者から、良いことはひとつもないという意見も出ていて、私は子供が生まれてから色々な記事を読みながら散々迷った。迷った挙げ句、やっぱり「みんなと同じ」にしよう、と普通に我が子に予防接種を受けさせることにした。
Hibワクチンに関しては、日本が任意なのが不思議なくらいだ。世界中どこでも、と言ったら語弊があるから、少なくとも他の先進国は、とするけど、接種を義務づけているのに、なんで?おまけに、ウチの子が係った小児科医4人のうち4人共が、「これは打って下さいね」と念を押したにもかかわらず、なんで?(そのうちのひとりは、「Hibワクチンに関しては日本は後進国ですよ」とまで言っていた。)さらに、予約が必要で、数に限りがあって、何ヶ月も待たないといけない、なんて、おかしくないですか?
ウチの場合は幸い予約をしてから2ヶ月待ちで第一回目を接種できた。これって、稀なようだ。第二回目の接種もスムーズ。先日、第三回目を受ける予定だった。予約もしてるし、当然スムーズに受けれるものと思って、小児科医の受付を叩くと、「申し訳ございません、皆さんにお待ち頂いてるんです」とペコリと頭を下げられた。
へ?
「今日は三回目で、予約もしてるんですけど」と私が言うと、受付の女性は、「皆さん、お待ち頂いてるんで」との返事。意味がよく分からない。何のための予約だったんだ、と頭に血が上りそうになるのをクールダウンして、「ではどのくらい待つんですか?」と聞いてみた。すると首をかしげてはっきりしない。「皆さん、そうしてるんで」と、また同じような返事。皆さんそうしてるとかいう問題ではなく、と声を荒げたかったが、受付の女性がママ友のママ友だということを思い出して、「って、いうよりも、間があいて、免疫上問題はないんでしょうか?」と、オブラートを一枚包んで質問してみた。「え、ええ。ええ?まぁ」と、またもや頼りない返事。私が困った顔で、諦めようとしないのを見て取ると、受付の女性は申し訳なそうに「皆さん、そうしてるんで、すみません」とまた言った。まあ、この女性も気の毒だな、そういうしかないんだろうな、ワクチンが足りないのがいけないんだ、と労って、私は渋々引き下がったのだった。
それにしても、「皆さん、そうしてるんで」と言われて、なんとも納得できない気持ちになったのを振り返ってみると、あるひとつの有名なジョークを思い出した。ロシアやドイツやフランスでは誰もが知るジョークだ。
とある大型客船がタイタニックのように沈没しそうになった。船はみるみるうちに沈んで行こうとしている。客全員を救うだけの小型ボートはない。船長が大声で客に指示を出す。「まず、女と子供が先にボートに乗れ!」と。しかしパニック状態の客は、我こそは、と小型ボートに乗り込もうとする。そこで、まず、アメリカ人の男どもを説得するために、船長はこう言った。「女と子供を先に乗せたら、ヒーローになれるぞ」。アメリカ人の男どもは挙って納得した。次にドイツ人の男どもを説得にかかった。「女と子供を先に乗せるって、規則で決まってるんだ」。ドイツ人の男どもは納得した。そして、日本人の男どもを説得するには、さて、船長はなんて言ったでしょう?
「みんな、そうしてるんで」!
このオチを聞いて、みんなガハハ、と笑うっていうジョークだ。
それぞれのお国柄を風刺していて、私は面白いと思うのだが、まさに先日の一件はその通りだったのが、またさらに面白い。
ともあれ、今回のHibの件で「皆さん、そうしてるんで」と言われて納得できなかった私。大和魂はないのかな?「皆と同じ」ように予防接種を受けさせようと思った、にもかかわらず。
なんて、そういう問題ではないですね!
(by Anne)

« 駆け込み寺 | トップページ | 大きな赤ちゃん »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぜったい、おかしい!:

« 駆け込み寺 | トップページ | 大きな赤ちゃん »