無料ブログはココログ

« 5月24日記述 | トップページ | 5月31日記述 »

2010年5月27日 (木)

5月27日記述

「ウチで、短い棒を小さな穴に差すことが出来るようになりました」と連絡帳に書いたら、今日のお仕事はこれに。
『棒差し』2種。
一つは、タッパーに穴をあけて、アイスキャンディーの棒を差せるようになっている教具。
もう一つは、灰皿の穴に短い木の棒を差す教具。
このお仕事も、けっこう命中率が高く、クリアしそうだ。
(by Anne)

棒差し2種
どっちの教具が魅力的?
私はどうしても原色の棒に惹かれますが、ウチの子にとってはどちらも魅力的な棒と穴。
両方やってみせてくれました。
隣でお友達のお母様が、「これならウチで作れるわね!」と嬉しそう。


棒差し/アイスキャンディー
こちらの原色が塗られた棒は、年上のクラスで色分けのお仕事をするのに使っていたものだそうだ。
ゼロ歳クラスでは色分けはまだまだ。
もっぱら、穴、穴、穴。

棒差し/灰皿
最初は真ん中の横のラインに差そうとしていたらしいが、途中から穴は周りにあることに気付いて、クリア。
上手く行く時と、そうでない時がある。
今度はできるかな?

« 5月24日記述 | トップページ | 5月31日記述 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月27日記述:

« 5月24日記述 | トップページ | 5月31日記述 »