無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

9月23日記述

この日は『棒押し』(っていう名前だったかな?)。
真ん中の棒を全部押し終わると、ひっくり返してまた同じ事を繰り返す作業。
ひっくり返しているのを見て、あ、分かってるんだ、と驚いた。
(by Anne)

棒押し/0923/1
一本ずつ押していく。

棒押し/0923/2
お友達も一緒に、どんどん、どんどん、押していく。。。

2010年9月29日 (水)

9月22日記述

この日は気分が優れず、「いやー、なんでー」とダダこねていたそうだ。
機嫌が直ったもの2つ。

1つ目は斜路。大好きです。
新しいタイプの斜路で、やや落ち着きを取り戻し、楽しんだそうだ。
お家の形で、屋根の煙突に玉を入れるもの。

2つ目は、絵本。
バスや電車や新幹線やゴミ収集車は、やはり機嫌が直る特効薬。
そのものすごい効き目は、先生も私もよく知っている。
「いやだー!」が始まったら、魔法の一言を言えば良い。
「バス」。
「バス見に行くよ」、「バス見たの?」、「バスどこかな?」などなど、状況に合わせて。
ピタッと泣き止みます。
なんと言っても、バス命!ですから。
(by Anne)

家斜路/0922
お家の形をした、かわいらしい『斜路』。

乗り物の絵本/0922/1
驚くほど乗り物が好きなウチの子。
なんでしょうね、男子のDNAに組み込まれた趣向でしょうか。
新幹線は、最近「ガガ」と呼んでいます。
あのガガではありません。

乗り物の絵本/0922/2
こちらは「バババーバーバ」。
ゴミ収集車も好きです。
朝、園に向かう途中、何度も見かけて大興奮。
でも、絵本のゴミ収集車は、灰色で形もシンプル。
それでも指差して「バババーバーバ」。
なんで分かるんでしょうね、と先生一緒に首をかしげた私でした。

2010年9月22日 (水)

9月21日記述

昨日は、教具が置いてある棚を見ても、そそられる物はなかったらしい。
『お仕事』的な活動はしなかったものの、フェルトの木のリンゴをひとつずつつまんで、横の箱に入れてました、とのこと。
気乗りしない日も、そりゃ、ありますよ。
(by Anne)

りんごの木/0921
マジックテープで貼ってあるリンゴの実を剥がして、左の箱へ。
入園したての頃は、剥がすだけだったのが、今は箱に入れられるようになったのね。
リンゴの実を、今度はまた元通りに貼付けられるようになるかな?

2010年9月17日 (金)

9月16日記述

昨日は、難しいお仕事にチャレンジ。
ソース入れの先に、棒を差し込む作業だ。
これは、私だって苦労しそう。
穴がとても小さい上に、入れ物がすぐに倒れてしまうため、中々入らずイライラしてしまう教具です、と先生が説明して下さってる最中、ウチの子はスイスイ差し込み始めた。
あれ?
日中は、難しくてイライラしていたようだけど、急に出来るようになったのかな?
あっという間に5本全部入れ終わってしまった。
ブラボー!
(by Anne)

ソース入れに/0916/1
難しそうね。挿せるかな?

ソース入れに/0916/2
そうそう、その調子!

ソース入れに/0916/3
あら!難なく差し込んでしまった!

2010年9月16日 (木)

9月15日記述

またもや面白い教具にトライ。
先の少し尖った小さな木槌に、輪切りにしたホースを挿していくもの。
今までは棒の方が固定されていて、輪っかだけを挿していったが、今度は木槌(棒の方)も自分で支えて、輪っかを通していかないといけない。
いよいよ、『針と糸通し』に近づいてきた気配。
とはいえ、針と糸は、2歳後半以降なのだそうだ。
まだまだ先だね。
それにしても、これ、ホースで作ってるんですよ!ホース!
考えるなぁ~!
(by Anne)

木槌とホース/0915/1
こんな風に小さな木槌を左手に持って。
と本来なら、そうなんだけど。。。

木槌とホース/0915/2
このように、まだウチの子は先生に支えてもらわないとできません。

木槌とホース/0915/3
上手く挿せるかな?

槌とホース/0915/4
はい、上手!
けっこう気に入ってるようだ。
男子とはいえ、お裁縫も出来ないとね!

2010年9月15日 (水)

9月14日記述

昨日は『リング挿し』。
穴は随分とタイトだ。
ウチにも似たような玩具があり、スイスイ挿せているし、これも難なくこなしている。
ウチの子は、落ちている物は知らせると拾うが、お片づけはまだ出来ないのだそうだ。
「ナイ、ナイ」の練習をしないとね。
(by Anne)

リング挿し/0913

2010年9月14日 (火)

9月13日記述

シンプルな『玉落とし』。
でも、落としたら引き出しを開けて、自分で玉を取り出せる仕組みになっている。
木目のままだったのを緑色に塗ったら、魅力的になったのか、ウチの子の興味をそそったとのことでした。
(by Anne)

緑の玉落とし/0913
緑色になって魅力的、と感じたのは、ウチの子だけではないようだ。
お友達も近づいて来て、トライしたがっている。

2010年9月10日 (金)

9月9日記述

シールのお仕事。
シールを剥がして、画用紙に貼って、いらないシールの紙は、トレーに置く。
出来上がったものは、作品として、本当に奇麗。
そう思うのは、またもや親バカかな?
(by Anne)

シール/0909/1
この写真だと、分かりづらいかな?
手前にある画用紙に、ペタペタとシールを貼ってゆく。
奥のトレーの上にあるシールを剥がしたら、使わない残りの部分を隣に置く。

シール/0909/2
20世紀アートみたい。遠くから見たら、ミロの作品です、なんちゃって!
そのうち額に入れて飾りたい。

2010年9月 9日 (木)

9月8日記述

昨日はフィンガー・ペインティングの日。
ジャクソン・ポロックのような仕上がりに、思わず「キレイ!」とウチの子を褒めまくった。
こういうのを親バカというのかも。
暖色が好きなウチの子は、やはり絵の具もオレンジを選んだ。
そして、初めての事に警戒心が強く、さらに手が汚れるのが嫌いなウチの子は、やはり最初はイヤ、イヤ、だったそうだ。
ところが、トライしていくうちに楽しくなったのか、「最後は名残惜しそうでした」と先生。
ひっくり返って、怒って、まだ続けたいをアピールしたのかな?
喜怒哀楽が激しいウチの子の園生活を想像してみる。
(by Anne)

ペインティング/0908
それぞれの性格が現れて、面白いですよ、と先生のコメント。
上品にちょん、ちょん、ちょん、と画用紙に触れる子もいれば、豪快にグワーッといっちゃう子もいるそうだ。

2010年9月 8日 (水)

9月7日記述

丸、三角、四角。
または、青、黄色、赤。
色か、形のどちらかを認識できてます、と先生。
ちゃんと同じ場所に置くことができてるようだ。
ウチには、同じ色同士を組み合わせる玩具があるが、それには成功していない。
多分、丸、三角、四角、の形の違いが分かっているんだと思う。
(by Anne)

丸三角四角/0907/1
黄色い丸を手に、「こうやって、はめていくものです」と先生が説明して下さると。。。

丸三角四角/0907/2
ウチの子は赤い四角を持ち、ちゃんと同じ場所に置きました。

2010年9月 7日 (火)

9月6日記述

昨日は『棒差し』。
棒を全部差し終わったら、この回すタイプの蓋を開けて、自分で中身を取り出し、もう一度トライすることもできるようになった。
お家でも、瓶の蓋などはもう開けられるかもしれないので、気をつけて、と先生がおっしゃった。
蓋が開けられるようになったのは嬉しいけれど、ビチャ〜、なんてことも近々ありそうだ。
やれやれ。
(by Anne)

棒差し/0906/1
やりかたはもう十分知っている、といった感じ。

棒差し/0906/2
指を器用に使って、差し込んでいく。

棒差し/0906/3
お友達乱入で、取り合いに。
最近少しお友達との関わり方が上手くなって、一緒に絵本を楽しむなどしています、と先生から報告を受けていたが、まだまだ、まだまだ、自分本位。

2010年9月 6日 (月)

9月3日記述

最近は、レゴ(duplo)の小さいキューブのブロックを積み上げて行くことに関心を持ち始めた。
お迎えに行くと、duploではないが、ブロックを積み上げた2本の棒を持って来て、誇らしそうにしてる。
このブロックの方がduploより崩れにくいのかも。
ウチでは、duploのタワーができても、持ち歩こうとするとすぐに崩れて、「あ〜あ!」と残念がってます。
(by Anne)

ブロック/0903
きれいにタワーを作りました。

2010年9月 4日 (土)

9月2日記述

私が大好きな「楊枝差し」!
この日は、同じ穴に2本指してしまうことなく、4つの穴それぞれに差すことができました!
もう少しお兄さんになると、同じ色同士を合わせたくなります、と先生。
(by Anne)

楊枝差し/0902/1
2本、ちゃんと差せてます。

楊枝差し/0902/2
3本目も、3つ目の穴に差せたね!

楊枝差し/0902/3
4本目は、そう、そこだね!

楊枝差し/0902/4
上手に差せました!パチ、パチ、パチ〜!

2010年9月 3日 (金)

9月1日記述

この日は『おはじき落とし』にトライ。
もうお手の物。
上手におはじきを貯金箱に入れるみたいに落としていく。
でも、ウチの子には癖がある。
最後の1つはずっとずっと握りしめて落とそうとしない。
穴に入れるかな、と思うとまた手に握りしめて、また穴に入れようとするかと思うと、止めて、の繰り返し。
もういい加減に帰りますよ、と最後のおはじきを取り上げたら、案の定ひっくり返って泣いた。
終わってしまうことが、とても悲しいようだ。
明日があるってことは、いつ分かるのだろう。。。
(by Anne)

おはじき落とし/0901/1
手つきがどんどん器用になっていく。

おはじき落とし/0901/2
なんの躊躇もなく、どんどん落として行くが、最後の1つだと分かったとたん、手でおはじきを転がしたり握りしめたり、名残惜しそう。

2010年9月 1日 (水)

8月31日記述

『玉押し』のビックバージョンにトライ。
この教具を久し振りに目にして、懐かしい、と思ってしまった!
つい2ヶ月前に取り組んでいたことなのに。
ウチの子は、大きな玉を手の平ではなく、親指一本で押し込もうとしていた。
かなりの力を入れて、やっと、スポッと玉が落ちた。
(by Anne)

玉押し/0831/1
ギュッと押して。

玉押し/0831/2
入るとすぐ、下から出て来る大きな玉。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »