無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

2月23日記述

『紐通し』の木製ブロックが華やかになって登場して、黙々とトライしたウチの子。
青一色だったのが色も形も多様化して、魅力的だったのだろうか。
あまりに集中していたので、切り上げさせるために、先生が別の部屋に連れて行かなければならない程だったそうだ。
モンテ教育では、集中している最中は絶対にストップをかけないという。
それでも、園生活の時間の流れは守らなければならない。
その折り合いが難しいだろうなぁ、と思う。
(by Anne)

紐通し/0223
朝のお仕事の際に十二分にトライして満足したためか、お迎え時先生が出して下さっても見向きもしなかった。

2011年2月24日 (木)

2月22日記述

この日は『ポンポン玉移し』のバージョンアップ版にトライ。
ポンポン玉がビー玉になって滑りやすいため、スプーンで掬う作業が難しくなった。
ビー玉が玉虫色に反射して、色の識別も難しくなっている。
かなりの集中力が必要かも。
ウチの子は午前中のお仕事の際には、ちゃんとスプーンで掬ってなんとかクリアしていたそうだ。
しかしお迎え時の夕方には、集中力も限界にきたとみえ、おかしな事になっている。
(by Anne)

ビー玉移し/0222/1
あれ?あれれ?
スプーンは使わないのかな?

ビー玉移し/0222/2
溝にビー玉を通してみたり。
本来のお仕事とは違うことになってきています。。。

ビー玉移し/0222/3
飽きてどこかへ行ってしまった。
お片づけしてくださーい!
本当にウチの子できてたんですかと先生を見ると、「今はマット運動の後ですからね」とのこと。
もうお疲れモードでも当然だ。

2011年2月23日 (水)

2月21日記述

この日は、『お仕事』の時間中はとりわけ何かに集中した、というわけではなかったとのこと。
しかし、お昼寝の後、この『棒押し』を先生が出してみると、とても長い間取り組んでいたそうだ。
「ミー(緑)、ロ(黄色)、パーポー(紫)、と言いながら押してましたよ」と、先生。
(by Anne)

棒押し/0221
ミー!

2011年2月22日 (火)

2月18日記述

日はお馴染みの『棒とカード落とし』に取り組んでいたそうだ。
本当に好きな教具なのだろう。
お迎え時も、ずっとずっとやっていたい、といった様子だった。
(by Anne)

棒とカード落とし/0218/1
お迎え時も早速取り組んで、楽しそう。
本当は机の上でやるものですがね。

棒とカード落とし/0218/2
全部入れ終えてしまうと、「あっき、あっき(開けて)」と先生にお願いしている。

棒とカード落とし/0218/3
蓋が開くと、中身を取り出して、全部元の場所に戻し…

棒とカード落とし/0218/4
自分で蓋をしめて、また繰り返す。
お片づけしましょうと言うと、もう一回と一本指を立てるのだ。

2011年2月18日 (金)

2月17日記述

昨日は『包丁で切る』お仕事。
勿論まだ本物は使えません。
木のお野菜がマジックテープで止められている玩具は、児童館や玩具売り場で良く見かけていた。
なすや人参やりんご、などなどいろいろな食材と、包丁とまな板のセット。
しかし、モンテの教具となると、包丁、まな板、それに大根ひとつだけ。
左手でおさえて、右手で切って。
左右別々の動きをトレーニングする目的もあるそうだ。
ウチの子は「ダイコーン」と大喜びだった。
食べる方も大喜びだと良いけれど。
(by Anne)

包丁で切る/0217
本当はマットを敷いての作業。
まだ机に座っては行わない。
なぜかな、力の入れ方の問題かな?
ウチの子はまな板の上では切れなかった。
「ちょっとまな板が小さ過ぎましたね」、と先生。
大きさも作業を左右するんですね!

2011年2月17日 (木)

2月16日記述

昨日は、新登場した教具に一番乗りができたので、長時間思う存分トライする事ができたそうだ。
メールボックスのような形の『カード落とし』だ。
カードを差し込むと、下から落ちて来るのが見えて楽しいらしい。
先生は差し込み口から出口までを指差して、「この距離が長いほど面白いようです」とおっしゃる。
長ければ長いほど、興奮度が増すのだろうか。
(by Anne)

カード落とし/0216/1
コインやカードを入れる自動販売機が大好きなウチの子。
タイムリーな教具なのかも。
カードを差し込むと…

カード落とし/0216/2
下から出て来てます。

カード落とし/0216/3
毎度のごとく、片手にお気に入りを握りしめての作業だ。
それにしても、この教具、またもや先生方の手作りなのだそうだ。
「差し込み口が難しくて…」と先生は呟いていらしたが、ジャストサイズに開いている。
すごいなぁ…。
トンカチで釘を打つのも私にとっては難題なのですから。

2011年2月16日 (水)

2月14日記述

この日は『お絵描き』と『モール通し』の二つに集中して取り組んでいたとのこと。
ところが、『モール通し』の方は、一度ストローやお花を通してしまうと全部抜き取ってしまっていたので、いつものようにブレスレットは出来なかったのだそうだ。
通してから、右手から左手、左手から右手へと、通しながら持ち替える、といったことを覚えた様子。
それがとても楽しかったようだ。
(by Anne)

モール通し/0214/1
全部抜き取ってしまったので、ブレスレットは出来てない。
そんなお話を先生から伺っている最中に、もうモールとストローを手に取って取り組み始めている。

モール通し/0214/2
右手にストロー、左手にモール。
モールが、びよーんびよーんと揺れて通しにくそう。

モール通し/0214/3
それでも通せて、モールを右手に、ストローを左手に、ちゃんと持ち替えてる。

モール通し/0214/4
ある程度通し終えたら、この時も全部抜き取っていた。

2011年2月15日 (火)

2月9日記述

この日も懐かしい『棒とカード落とし』にハマッていた様子。
数ヶ月前にチャレンジしていた頃、棒の方は落とせていてもカードの方は難しかった。
カードを平行に落とすことに成功しても、垂直(縦向き)に差して落とすのはできなかったのだ。
でも今はもうどちらの向きでもOK。
ただ、あまりにも簡単すぎるのは面白くないらしい。
この教具は、ちょっとした難題が潜んでいる。
カードには大中小があり、カードを差せる隙間にも大中小がある。
小さいカードはどの隙間にも入るが、一番大きいカードはピッタリサイズの大きい隙間に差さないと落とせない。
その、できるかできないかという、ちょっとした難しさがたまらないのか、お迎え時も一番大きな赤いカードばかりトライしていた。
棒の方はもう簡単すぎて面白くないのか、気にも留めていない様子だった。
(by Anne)

棒とカード差し/0209/1
一番難しいカードに挑戦。
差せるかな?
見ている私も手に力が入る。

棒とカード差し/0209/2
小さい隙間に差そうとしているから、当然入らない。
そうこうしているうちに、ジャストサイズの隙間を見つけ、落としていた。

棒とカード差し/0209/3
片手に必ず「お気に入り」を持って作業するウチの子。
この時も、もちろん大好きな青のカードを持って。

2011年2月14日 (月)

2月8日記述

この日は待ちに待った『シール貼り』ができた。
ここ数日人気のお仕事の順番待ちをしていたウチの子。
やっと順番が回っきて無我夢中でトライしたといった感じだろうか、とにかくたくさんシールを貼った模様だ。
シールの数も1つの絵に対して8個にまで増えて、集中力のレベルアップは確実にしている。
(by Anne

シール貼り/0208/1
木と手袋を好んで選んだとのこと。
手袋のシールの数は八個!
随分と増えたね。

シール貼り/0208/2
お馴染みの風船にもトライ。
丸い枠にほぼぴったり貼れたシールもある。

2011年2月10日 (木)

2月7日記述

この日は『モール通し』にチャレンジ。
久し振りにこの教具を見て、思い出した。
そういえば昨年の秋頃、園でやっているのを真似して、我が家でもウチの子の机に似たようなものを置いて様子を見たことがあった。
結果は、てんでダメ。
グチャグチャにしたのがオチだった。
やっぱりちゃんとした指導がないとまだできないのかもね、と思ったのだった。
それから月日が経ったこの日。きっと上達してるだろうとみてみると、苦戦している。
やはり通すという作業は難しいようだ。
(by Anne)


モール通し/0207/1
苦戦しながらも、ブレスレットは仕上がっている。

モール通し/0207/2
「こうして通すのが難しいみたいですね」、と先生。
目の前の椅子にこしかけているのはお友達。
ウチの子のお仕事振りをニコニコしながら見守ってくれている。
まだおしゃべりはできないが、何かごにょごにょ言いながら。
「落ち着いて通せば、できるのに。ねぇ、そうでしょ、先生?」とでも言ってるみたいで可愛い。
ウチの子の方は、本当は自分がそこに座りたいのに、とイライラ。

モール通し/0207/3
ストローをなかなか通せなくて、イライラ。

モール通し/0207/4
青いお花をなかなか通せなくて、イライラ。

モール通し/0207/5
ふう。青いお花がやっと通った。
次は、黄色いリンゴ。
がんばれ!

2011年2月 9日 (水)

2月3日記述

この日は久し振りに『棒とカード落とし』が登場した。
ウチの子は懐かしいと言わんばかりに楽しんでトライしていたそうだ。
「懐かしいっていう感情があるんでしょうか、懐かしいって思っているように見えました」と先生。
こんな小さい子にも、その感情はあるんだと私も思う。
つい最近、こんなことがあった。
生後6ヶ月ぐらいに使っていた歯固めやロープや音の出る玩具一式を、まとめて袋にいれておいた。
するとその袋をめずらしく引っ張り出してきて、「あっき、あっき(開けて)」と持ってきた。
開けて渡すと、中に入っているものを1つ1つ取り出し、並べて、見ていた。
私もその時、懐かしいのかな、と思ったのだ。
(by Anne)

棒とカード落とし/0203/1
久し振りだね。
棒を入れるのは、もうお手の物。

棒とカード落とし/0203/2
カードもいつの間にか器用に差せるようになりました。

2011年2月 8日 (火)

2月2日記述

この日は、『シール貼り』のお仕事の順番待ちで、『型はめ』にチャレンジした。
こうしてお行儀良く順番が待てるようになって、母としては誇らしいばかりだ。
『型はめ』も、考え考え、時間をかけながら出来ているとのこと。
何を見ても、「アカ、アオ、ミー(緑)、ロ(黄色)、パーポー(紫)」と、目下「色大ブーム中」のウチの子。
「赤い四角はどこかな?」、「青いところに」、などと色の形容詞を使って説明すると良く理解してくれるとのこと。
確かに。
ウチでも、「青いバジャマどこ?」、「赤いスプーンをお片づけして」などと、言うように心がけているこの頃だ。
ちなみにこの玩具は、ベースの黄色い長方形と青い四角と黒い丸の部分が、ぐちゃぐちゃにならないように固定されている。
もう少し大きくなると、固定しないでもはめれるようになるそうだ。
(by Anne)

型はめ/0202/1
『型はめ』にチャレンジ。
赤い四角を取り出して…。
でも何かおかしい。

型はめ/0202/2
白い丸を移動させてみる。
でも何かおかしい。

型はめ/0202/3
白い丸を黒い丸の所に戻して、只今思案中…。

型はめ/0202/4
分かった!
と言わんばかりにパタパタと正しい位置に収めていった。
できたね。

2011年2月 4日 (金)

2月1日記述

この日も自主的に『リング掛け』を引っ張り出して、トライ。
でも、本当は『紐通し』のお仕事に専念したそうだ。
紐を通すのも、わずかながらに上達しているとのこと。
それでも先は長そうだ。
(by Anne)

リング掛け/0201
引っぱり出した『リング掛け』。
お友達も楽しそうに上から覗いて見ている。
ウチの子は、緑のリングを赤の場所に引っ掛けようとして、違うことに気付き、自分でブルンブルンと首を振った。

紐通し/0201/1
本当は、こちら。
『紐通し』だが、四角に上手く通せなくてもどかしい様子だ。

紐通し/0201/2
四角は諦め、三角にトライ。

紐通し/0201/3
なんとか通せはしたものの、やはりまた返し縫いのように同じ穴に紐を入れてしまっている。

紐通し/0201/4
関門の四角。
穴が方々に開いているので、どこに通せばいいのか分からなくなるようですね、との先生の説明を受けて、なるほど、と思った。

2011年2月 3日 (木)

1月31日記述

この日は「『棒押し』をやってましたね」と先生が教具を出して下さった。
いつも行く児童館でも、同じような玩具を引っ張り出して楽しんでいるから、園での「お仕事」振りも目に浮かぶ。
しかし、ウチの子はどこかへ行ってしまった。
かわりにお友達が近づいてきて、トライし始めた。
(by Anne)

棒押し/0131/1
『棒押し』。
「ああ、これ、好きですね、児童館でも…」と先生とお喋りしているうちに、ウチの子はどこかへ行ってしまった。

棒押し/0131/2
代わりにお友達がやってきて、全部押して見せてくれた。
うん、全部押したら、ひっくり返して、またやるのね。

棒落とし/0131
ところでウチの子は…?
見渡すと、後ろで勝手に『棒落とし』を引っ張り出して、サッサッと落とし終えてしまっていた。
お迎え時にママにお仕事を見せる、という見通しはついているようで、自分で選んで来てしまっている。
先生曰く、これもやっいたそうだから、ま、良いけど。
それにしても、おい、おい。
出しっ放しは良くないですよ。
お片付けして下さい。
ハタッと気付いたウチの子は、「かたお〜(お片付け)」と言いながら棚に戻した。
よろし。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »