無料ブログはココログ

« 3月31日記述 | トップページ | いちご組、4月1日〜15日の記述/その1 »

2011年4月 4日 (月)

いちご組、4月1日記述

新学年に進級した。
お部屋も先生も変わったにもかかわらず、新しい環境にすんなり入っていったウチの子。
進級前の3月中に、この新しいお部屋で何度か過ごしたのが良かったのかもしれませんね、と先生。
送迎の手順にも変化があった。
0歳児クラスでは、お部屋に父兄が入って我が子の身支度をサポートしていたのだが、1歳児クラスになると、お部屋の扉の前でバイバイだ。
扉の前のベンチで、(親がサポートしながら)自分で上着、靴、靴下を脱ぎ、コップやお手拭きなどが入った手提げ袋を持って、「バイバイ」。
父兄は中には入らない。
親と子の距離を広げ、母子分離、さらに自立への道へ大きく踏み出すための、言わば「重たい」扉なんだろうな、と思った。
幸いウチの子にとっては「重たく」なかったようだが、母としては弱冠重みを感じた。
泣く事もなく、そっけなく「バイバイ」をして、「父兄禁断の扉」の向こうに駆けてゆく背中を見て、誇らしかったが、同時に少し寂しかった。

というわけで新しい環境になったため、同じ形でモンテッソーリ教育記述を綴れるかどうか分かりませんが、出来る範囲で情報を発信してゆきたいと思っています。
このブログを見て下さっている友人知人から、「とても参考になる」、「うちでもやってみたい」、さらには「良い園に入れてうらやましい」などという声を頂きました。
続けてきた甲斐があってとても嬉しいです。
こうして綴ってこれたのも園の先生方のお陰です。
お迎え時のお忙しい折に、本当に丁寧に教具の説明してくださりました。
心から感謝しています。

(by Anne)

お支度/0401
扉の前のベンチにこしかけ、手提げを置いて、上着、靴、靴下を脱ごうとするウチの子。
まだ完璧ではないが、少しずつ確実にできるようになっている。
手提げの中には、コップ、お手拭き、エプロン、連絡帳が入っていて、自分で取り出しそれぞれの置き場に置くのが目標。

« 3月31日記述 | トップページ | いちご組、4月1日〜15日の記述/その1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちご組、4月1日記述:

« 3月31日記述 | トップページ | いちご組、4月1日〜15日の記述/その1 »