無料ブログはココログ

« 2011年GW記述 | トップページ | いちご組、5月9日〜13日記述/1 »

2011年5月12日 (木)

GW醍醐味記述

忘れもしない。
GW中のウチの子の醍醐味は、ムスカリにお水をやることだった。
「青」好き、「花」好き、ワイン好きの母を持ったせいか「葡萄」にも惹かれる、といったウチの子は、その三拍子そろったムスカリの花に夢中で、見かける度に「アオイ、ブドウ、ハナ(青い葡萄の花)」と言って観賞したがる。
確かに形は葡萄のようだ。
お散歩中にご近所の庭先でムスカリを見つけ歓喜を放っていたウチの声を聞きつけたのか、奥からお家の方がスコップを持って出て来て、苗を下さった。
早速ウチのお庭に植えてみる。
私がじょうろでお水をやろうとすると、自分も「やる!やる!」と言う。
それじゃあ、と、お水をいっぱいにしたバケツを家のドアの前に置き、小さなアンパンマンのじょうろを渡した。
そしてバケツで水をくんで、両手で持って、ムスカリが植わっているところまで歩き、お水をかける、という段取りを見せると、表情は真剣そのものになった。
何度も「もう一回やる!」と言って、バケツとムスカリの間をじょうろを持って往復し、お水をやることに専念した。
何度も何度も。
上着はお水が跳ね返り、びしょびしょだった。
しかし本人の表情は、真剣そのもの。
思う存分やったかなという頃に、「さあ、お家に入ろうか?」と誘うと、すんなり靴を脱いで、すっきりした様子で「おもしろかった!」と感想を述べた。
こちらこそ、楽しませて頂きましたよ!
ありがとう。
(by Anne)
アンパンマンのじょうろ


« 2011年GW記述 | トップページ | いちご組、5月9日〜13日記述/1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW醍醐味記述:

« 2011年GW記述 | トップページ | いちご組、5月9日〜13日記述/1 »