無料ブログはココログ

« いちご組、9月9日記述 | トップページ | いちご組、9月16日記述 »

2011年9月27日 (火)

いちご組、9月12日の週の記述

この週ハマッていたのが『チェーン落とし』。
チェーンがかなり細くなっていてびっくり。
落とし入れる穴も随分と小さいし、チェーンも長くてブラブラするので、なかなか穴に入らない。
しばらくするとコツをつかんだ、とのこと。
片方の手でチェーンを上からぶら下げて、もう片方の手で下の方を掴んでコントロールしやすくする。
こうすることで小さな穴に通すことができる、と分かったそうだ。
ウチの子は、「長い物と青が好なので気に入っているようですね」と先生。
小鼻にキュッと力をいれて集中して取り組んでいる様子が目に浮かぶ。
(by Anne)

チェーン落とし/20110912/1
新しいチェーン落としの教具。
常に簡素化されていて、チェーンを穴に入れて落とすという目的に集中できるようになっている。
この落とす行動は、後に「通す」ことから「縫う」行動へ繋がるのだそうだ。

チェーン落とし/20110912/2
このチェーンは細いし、クネクネしているから、穴に上から通そうと思ってもブラブラしてしまう。
なかなか小さい穴には通せない。

チェーン落とし/20110912/3
穴にチェーンを近づけたものの、、、難しい。
イライラが募る。
さぁ、どうしよう。

チェーン落とし/20110912/4
そこで名案が!
もう片方の手でチェーンを短く持ってサポートすると、コントロールしやすくなった!
(これは先生の手ですが。)

チェーン落とし/20110912/5
すると上手く穴にチェーンが入ってくれる。
子供達みんな、自分で考えて困難を乗り越えてるなぁ。。。

« いちご組、9月9日記述 | トップページ | いちご組、9月16日記述 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちご組、9月12日の週の記述:

« いちご組、9月9日記述 | トップページ | いちご組、9月16日記述 »