無料ブログはココログ

« いちご組、10月28日記述 | トップページ | いちご組、明け暮れる日々 »

2011年11月18日 (金)

いちご組、10月31日記述

登園鞄の中に、こんなものが入っていた。
お魚通し/20111031/1
かわいい!
なんだろう?

お魚通し/20111031/2

広げてみると、長い魚介類のお飾りだ。
長いねぇ〜!!!

『お魚通し』というお仕事で、糸を通した針で、お魚と、ストローを交互に通して行く作業。
こんなことができるようになったんだ!
ストローの方はまだしも、お魚の方はとっても小さな穴に針を通さないといけないのに、良くできるなぁ、と感心した。

まずお魚を入れて、次にストローを入れて、と説明すると、すぐに交互に入れることを覚えたそうだ。
「秩序が好きなようですからね」と先生。
長いものが作りたいウチの子は、とても気に入って取り組んでいたそうだ。

(by Anne)

お魚通し/20111031/3
『お魚通し』のセット。
針に糸が通してあるのを手にして、お魚やタコとストローを交互に通してゆく。

お魚通し/20111031/4
こんな小さな穴にも上手く貼りを入れて。

お魚通し/20111031/5
針は毛糸の細い糸が通るくらいの大きさ。
最後の部分は先生が糸をしばって、止めて下さる。

« いちご組、10月28日記述 | トップページ | いちご組、明け暮れる日々 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちご組、10月31日記述:

« いちご組、10月28日記述 | トップページ | いちご組、明け暮れる日々 »