無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

いちご組、1月20日記述

この日は、お友達がやっていたリンゴの縫い差しのお仕事を目敏く見つけて、ぼくも「リンゴやる〜〜〜!」
とアピールしたとのこと。
早くトライしたいのに、お友達が終わるまで待っていないといけないという試練があったのだが、ちゃんと辛抱強く待つこともできたそうだ。
えらい、えらい!
順番がまわってくると、リンゴの丸い曲線を縫っていく作業に落ち着いて取り組んだ。
今までの直線の縫い差しからグッとグレードアップしたね。
でも、ちゃんと縫うことができてるね!!

(by Anne)

縫い差し/20120120


2012年1月30日 (月)

いちご組、1月19日記述

やはり、『動物通し』のお仕事は大好き。
通すのが楽しいだけではなく、なんといっても長いお飾りが作れるからだと思う。
この長い物熱は一向に冷める兆しがないのが、面白い。

(by Anne)

動物通し/20120119
長いです。

2012年1月26日 (木)

いちご組、保護者会記述

随分前の話だが、保護者会が行われた時のこと。
先生方のモンテッソーリ教育お話は大変興味深く、忘れっぽい私は後になってメモしておけば良かったと後悔したぐらいだ。
中でも印象的だったのは『絵合わせカード』のお仕事の話。

人参やトマトやキャベツのカードが例として挙げられた。
同じカード同士を合わせて置く、という作業のものだ。
同じ『絵合わせカード』でも、乗り物バージョンはウチの子が好んで取り組んでいたので幾度か目にしているが、こちらのお野菜の方は、初めてだった。
ともあれ、このカード、ポイントは以下。
絵はできるだけ本物に忠実であること。
余計な装飾はなく、白バックであること。
など。
そして、実際の野菜の大きさの比も(だいたいだが)忠実であること、というポイントがとても印象的だった。
例えば、トマトはキャベツより小さく、カボチャは人参より大きく、といった具合に。
ささいな事かもしれないが、より正確に野菜の特徴をとらえられるようになっている。

このカードは、絵を合わせながら、物の名称を覚えたり、ものの特徴を覚えたりと、先生ととお話しながら進めていくこともできるようだ。
「これはカボチャだね、中を開けると黄色いね。。。」とか。
みんな楽しそうに取り組んでいる、とのことでした。

我が家でお絵描きをする時に、ウチの子は「イチゴ描いて」だとか、「電車描いて」だとかリクエストしてくる。
そんな時も、ただ描いてあげるだけじゃなくて、そのものの特徴を話たりしながらだともっと広がりがあって楽しいかもしれないな、と思った。
そんなことは、と実際みんな普通にやっているのかもしれないが、まぁ、なにせ、新米ママですから「なるほど」と教わることばかりです。

(by Anne)

絵合わせカード/2011保護者会/1
このようにフェルトのサポートの上にカードが並べてある。

絵合わせカード/2011保護者会/2
手もとにカボチャのカードがあれば、同じカードに合わせて。。。
カボチャという名前で、固くて、中を開けると黄色い、など、特徴をとらえてお話しながら取り組む。

絵合わせカード/2011保護者会/3
できあがり。

2012年1月25日 (水)

いちご組、1月12日記述

この日も『縫い差し』。
直線を縫うお仕事に加えて、少しだけカーブした曲線にもチャレンジした。

(by Anne)

縫い差し/20120112/1

勿論、電車はトライします。

縫い差し/20120112/2

風船の紐もまっすぐ縫えてます。

縫い差し/20120112/3

そして初登場のキラキラ流れ星。
ほんの少しカーブしてるラインも上手に縫えました!

シール貼り/20120112

鏡餅の『シール貼り』もしました。
真ん中には自分のマーク(小犬)を貼って、お友達のマーク(キリンやウサギなど)を一列に並べて貼って、みんなお行儀良くお正月のお飾りを見てるね!
そういえば、鏡開きの頃だわね。

2012年1月23日 (月)

いちご組、1月11日記述

この日も『縫い差し』のお仕事を3枚仕上げた。
シーソーと、電車と、風船。
慣れてくると、返し縫いなどに発展していくだけでなく、直線からカーブのラインを縫っていく作業にも移行していくとのこと。
いつになることだろう。。。?
(by Anne)

縫い差し/20120111/1
風船と、、、。

縫い差し/20120111/2
シーソーと、、、。

縫い差し/20120111/3
電車!

2012年1月21日 (土)

いちご組、1月10日記述

引き続き『縫い差し』のお仕事に喜んで取り組むウチの子。
だいたい一日に3枚ぐらい仕上げるそうだ。
台紙の絵柄や色にもバリエーションが出て来きた。
ウサギが風船を持っている絵、電車が線路の上を走ろうとしている絵。
色は、青、緑、桃色、赤、など。
大概、どの子も、青をやったら次は緑、など、違う色の台紙を選んで、より一層楽しんでるそうだ。

肝心の差して縫う作業だが、この日はとっても落ち着いて、集中してこなしていたそうだ。
針を差す位置を間違うことなく、「次はここで良い?」と先生に確認しながら丁寧に仕上げていた、とのこと。
完成した時の表情がとっても嬉しそうだと先生がおっしゃる。
想像できます。

(by Anne)

縫い差し/20120110/1
3枚仕上げた。

縫い差し/20120110/2

ウサギが持っている風船の紐をステッチする。
よく見ると、電車の線路のステッチ幅よりほんの少し狭い。
だんだん、この幅が狭くなったりするそうだ。
また、今はまだ並縫いに一所懸命だが、慣れてくると返し縫いなどを覚えて、より複雑な縫い差しのお仕事に発展してゆくそうだ。

2012年1月20日 (金)

いちご組、1月6日記述

『スタンプ』のお仕事を選んだ日。
ウサギのスタンプをスタンプ台にしっかりつけて、紙にペッタン、ペッタンする。
楽しそうだが、上手にウサギをペッタンするのは、案外難しいようだ。
最初はウサギも擦れていたけれど、何度か繰り返すうちにスタンプ台にスタンプをしっかり付けることができるようになって、最終的には奇麗にウサギを押すことができるようになった、とのことでした。
(by Anne)


スタンプ/20120106


2012年1月19日 (木)

いちご組、1月5日記述

「通すの大好き坊主」のウチの子は、お馴染み「お魚通し」もやっぱりやりたい。
というわけで、この日も通すお仕事をして、長いお飾りを作った。
「お魚通し」のバリエーション、「動物通し」でチャレンジ。
長いねぇ!
でも、弱冠、集中力の乱れが目につきます。
(by Anne)


動物通し/20120105/1
キリンやゾウ、ネコやウサギ、それにライオンを、ストローと交互に次から次へと通して行く。
長いです。

動物通し/20120105/2
おやおや??
集中力の乱れ?
ここだけ動物達がかたまってますね!

2012年1月13日 (金)

いちご組、新年早々記述

昨年末からスタートした『縫い差し』のお仕事。

いよいよ本格的に縫うことにチャレンジするのだな、と母もワクワクした。
細かい手順など、教えられてもすぐには難しいでしょう、と思いきや、なんとあっという間に覚えてやってのけてしまうのだそうだ。
新年早々やる気満々。
夢中で次々とこなしていきます。

縫い差し/20111227
12月27日にトライしたのはこれ。
うさぎが風船を持っている。
風船の糸に沿って、縫っていきます。

手順は以下。
縫い差し/20121/1
トレーにセッティングされた『縫い差し』用の教具。
手前にはフェルト地のような柔らかい素材の上に、『縫い差し』用の用紙。

縫い差し/20121/2
トレーの左手には、紐が通してある針が針刺しに差してあって、その横には空の小箱が置いてある。
小箱は、縫い終わった後の糸屑を、丸めて捨てる所。
トレーの右手には、ハサミ。
縫い終わった後、自分で糸を切ります。

縫い差し/20121/3
用紙には、まっすぐな線が。
例えば、電車の線路だったり。
その上に均等に点で印がついている。
その点の部分を、自分で目打ちを使って穴を空ける。

縫い差し/20121/4
目打ちはこれ。
先が尖っていて危ない、ということも意識しながら。
使い終わったら、ケースをかぶせる。

縫い差し/20121/5
針と糸を取り出して、準備万端。

縫い差し/20111228
穴に針を通したら、用紙をひっくり返して、また次の穴に入れて。。。
そんな手順もすぐに覚えます。
これは12月28日の作品。
電車に「タイヤがないねぇ〜!」と指摘したウチの子だそうです。

縫い差し/20121/6
新年明けても、セッセととりくんでます。
1月4日も。

縫い差し/20121/7
1月6日も。
ウチの子は、だいたい一回に3枚ぐらい仕上げるそうだ。

縫い差し/20121/8
1月6日、シーソーもやりました。
ゾウとネズミ、どっちが重い?

2012年1月11日 (水)

いちご組、12月23日記述

この日取り組んだのは、プレ『縫い差し』とも言えるお仕事。
厚めの紙に穴が6つ均等に並んであいている。
その穴に、靴紐のようなものをくぐらせて、並縫いとも言える縫い方の手順を覚える。
とっても集中して作業していたようだ。
(by Anne)

プレ縫い差し/20111223/1
このようにトレーに、穴のあいた厚手の用紙と、玉結びがしてある紐が置いてある。

プレ縫い差し/20111223/2
並み縫いの要領で、紐を通してゆく。
でも並縫いなんていっても当然子供達には分からない。
穴に紐を入れて、そして紙をひっくり返して、穴にまた入れて、などなど、先生方は動作をゆっくりそして細かく説明して下さる。

2012年1月 5日 (木)

いちご組、12月末記述/その2

この頃、急激に紐通しに夢中になった様子。
例の『お魚通し』のお仕事を満喫した後、少しグレードアップした『紐通し』にチャレンジ。
この細い糸をビーズ玉に通す作業だが、難なく通せて楽しんでいるとのことでした。
(by Anne)

紐通し/201112末/1
紐には少し張りがあるので、通しやすい。

紐通し/201112末/2
通してゆくと、奇麗にならんで、それを見るのも嬉しいのだろうな。

2012年1月 4日 (水)

いちご組、12月末記述/その1

毎年思うけど、12月はなんて忙しいんだろう。
昨年中に終わらせられなくて、記述を今年に持ち越してしまった。

さて、12月末、クリスマス制作も終盤にさしかかって、今度は大きなツリーのシール貼りにも取り組んだ。
全部で大中小3種類のツリーの制作。
大きいの、小さいの、中くらいのものに敏感になってきたウチの子にとって、よりいっそう楽しいお仕事だったのではないかな、と思う。
やっぱり花火模様の青ベースのキラキラが好きなようで、いっぱい貼っている。
他のお子さん達のを見ると、それぞれ個性があって面白い。
一列に並べる子、同じ色ばかり使う子、同じ模様ばかり使う子。

お家に持って帰って、クリスマスリース代わりに玄関に飾りました。

(by Anne)

クリスマス制作大/201112


2012

あけましておめでとうございます。
皆様にとって、よりいっそう素敵な年になりますよう、お祈り申し上げます。

個人的には、課題の多い年になりそうです。
体力をキープして、ちゃんとエンジンかけられるようにしておきたいものです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アンヌより


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »