無料ブログはココログ

« いちご組、2月24日記述 | トップページ | いちご組、2月23日記述 »

2012年3月 7日 (水)

いちご組、2月21日記述

少し前の話だが、こんなワンシーンがあったそうだ。

いつものようにお仕事の時間になると、それぞれが好きな教具を選んで、机につき、ひとりで作業し始めた。
この日もまた、お気に入りの『糸通し』がやりたかったウチの子。
しかし残念ながら『糸通し』は別のお友達が始めてしまっていた。
1つの教具はひとつしかないから、やりたければ順番を待たなくてはならない。
さらに、お友達が気の済むまでやるまで、終わるまでずっと待たなくてはならないのだ。

それを覚悟でウチの子は、どうしても『糸通し』がやりたいがためにお友達の横に座り、ジッと順番を待つことにしたのだった。
人気の『糸通し』は、お友達にとっても魅力的。
夢中で取り組んでいるので、いつまで経っても終わらない。
ずっと順番を待ち続けるウチの子。
待てど暮らせど、空かない。

見兼ねた先生が、「何か他のものをやってみたらどうかしら?」と声をかけて下さったそうだ。
しかし、頑なに、待つ、と。
どうしても、どうしても、『糸通し』がやりたい、というウチの子の強い気持ちは変わらない。

先生方も、「ほら、まだ待ってるわよ」、「まだ、待ってるわよ」と囁き合うぐらい辛抱強く待っていたそうだ。
結局、どうしたかというと、そのままお友達の横でジッと待っていただけで、お仕事の時間は終わってしまったのだ。
正味1時間。
長い!
やりたかった『糸通し』はできなかったが、以前のようにひっくり返って泣きわめくでもなく、すんなり次の行動に移れた、とのことでした。

感心、感心。

(by Anne)

糸通し/20120224

念願の、『糸通し』。
2月24日にはできました!
よかったね!

« いちご組、2月24日記述 | トップページ | いちご組、2月23日記述 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちご組、2月21日記述:

« いちご組、2月24日記述 | トップページ | いちご組、2月23日記述 »