無料ブログはココログ

« もも組、10月3日記述 | トップページ | もも組、10月20日記述 »

2012年11月15日 (木)

もも組、10月15日記述

9月頃から急激にひらがなに目覚めたウチの子は、あれよという間に読めるようになった。

この日は、ひらがな習得真っ最中で、このブロックを使って、先生と一緒に学んでいたそうだ。

このブロック、モンテッソーリの教具ではないが、ひらがなに目覚めた子供には楽しく学べるとのこと。

文字をひっくり返すと、その文字から始まる単語とその絵表示が。

そしてあいうえお順にブロックを並べていったりして、無理なく文字の環境に親しんでゆくようだ。

とにかくウチの子は読みたい気持ちが強く、家でも本棚を眺めては拾えるひらがなをせっせと読み上げていた。

絵本を読み聞かせようとしても、自分で読もうとするので聞いてくれない。

このひらがな熱が覚めるまでは、赤ちゃんの頃に読んでいた簡単な絵本を引っ張り出させて、好きに読ませるよとにした。

その一方で、電車の本を開いて「やまのてせん」と読み上げた時は、少しだけドキッとした。

なぜなら、今までは電車の形や色で路線の違いを認識していたのが、もう文字から情報を得れるようになるんだと。

うーん。。。もう、かぁ。。。

(by Anne)


Img_1699

ひらがなのブロックを合わせていって、あいうえおに触れる。


Img_1701

抽象的すぎる場合は、ひっくり返して、絵を見ながら文字を理解していく。


« もも組、10月3日記述 | トップページ | もも組、10月20日記述 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もも組、10月15日記述:

« もも組、10月3日記述 | トップページ | もも組、10月20日記述 »